1. 首页
  2. 日语语法

日语语法的变形有哪些


关于日语语法的变形有哪些最佳答案


日语语法的变形有哪些


1.1 ます(连用形) (1) 五段: 将词尾う段变成相应的え段,然后加ます。 (2) 一段: 去词尾る + ます。 (3) する: します。 (4) 来る: 来ます。 2 て(连用形) (1)五段: う、つ、る:去词尾 + って く-> いて(但是:行く->行って) ぐ-> いで す-> して む、ぶ、ぬ:去词尾 + んで (2)一段: 去词尾る + て (3)する: して (4)来る: 来て(きて) 3 た(过去)(连用形) 与“て”变化相同,只是把て变成た就可以了。 4 ない(否定)(未然形:包括否定、使役、可能、被动) (1) 五段: 将词尾う段变成相应的あ段,然后加ない。 (2) 一段: 去词尾る + ない。 (3) する: しない。 (4) 来る: 来ない(こない)。 5 推量形(标日说得是意志形,我学的就是标日,但是日语老师说推量比较准一点) (1) 五段: 将词尾う段变成相应的お段,然后加う。 (2) 一段: 去词尾る + よう。 (3) する: しよう。 (4) 来る: 来よう(こよう)。 6 ば(假定形) (1) 五段: 将词尾う段变成相应的え段,然后加ば。 (2) 一段: 去词尾る + れば。 (3) する: すれば。 (4) 来る: 来れば(くれば)。 7 可能(未然形) (1) 五段: 将词尾う段变成相应的え段,然后加る。 这里发生了约音。若按末然形变化应该是将词尾う段变成相应的あ段,然后加れる,但此时发生约音,就变成了将词尾う段变成相应的え段,然后加る。 例: 书く:书ける (2) 一段: 去词尾る + られる。 (3) する: できる。 (4) 来る: 来られる(こられる)。 8 被动(未然形)(这个不要和可能态搞混了哦) (1) 五段: 将词尾う段变成相应的あ段,然后加れる。 (2) 一段: 去词尾る + られる。 (3) する: される。 (4) 来る: 来られる(こられる)。 9 使役(未然形) (1) 五段: 将词尾う段变成相应的あ段,然后加せる。 (2) 一段: 去词尾る + させる。 (3) する: させる。 (4) 来る: 来させる(こさせる)。 10 命令形 (1) 五段: 将词尾う段变成相应的え段。 (2) 一段: 去词尾る + ろ。 (3) する: しろせよ。 (4) 来る: 来い(こい)。 11 终止形:动词原形 12 连体形:这个是用来连接体言的,即动词的原形。 但比方说:来た人、书いている人、行く人、先生だった时、寒かった天気、暖かい部屋 など、这些都算连体形。 再有就是动词活用形的变化记住这个应该没什么坏处吧。 未然 (あ) 连用(い) 终止 (う ) 连体 (う ) 假定 (え ) 命令 (え ) 推量(お) 另附:动词活用口诀 被动あ段加れる,こられるされる。使役あ段加せる,こさせるさせる。假定ば形人人夸,所有え段加上ば。意向お段う前趴,其余要把よう加。讲解:1、被动あ段加れる,こられるされる。这头半句,是指动一(按标日的说法)的变化,是说凡动词被动态动一的变化都是把う段音变为あ段然后加れる;这后半句的第2、3、4个假名,说的是动二的变 化,也就是说凡动二都是把词尾る去掉,加上られる;这后半句的1、2、3、4个假名是指くる的变化;这后半句的第5、6、7个假名则是する的被动态。例:书く——かかれる 起きる——起きられる 来る——こられる する——される2、使役あ段加せる,こさせるさせる。这一句和被动态一模一样,只是られるされる变为させるさせる,朋友们可以举一反三一下。例:书く——かせる 起きる——起きさせる 来る——こさせる する——させる3、假起きる定ば形人人夸,所有え段加上ば。这一句比较简单,不管是动一、动二还是动三,都是把词尾变为え段然后加上ば。例:书く——かえば 起きる——起きれば(把词尾る变为れ加上ば) 来る——くれば(把词尾る变为れ加上ば) する——すれば(把词尾る变为れ加上ば)4、意向お段う前趴,其余要把よう加。这头半句,是指动一的变化,是说凡动词意向形动一的变化都是把う段音变为お段然后加上う;这后半句说的是动二和动三的变化,也就是说不管动二还是动三都是把词尾る去掉,加上よう;当然,来る是こよう,する是しよう,这个不要错了哟!例:书く——かこう 起きる——起きよう 来る——こよう 综上所述,祝你好运 望采纳


关于日语语法的变形有哪些相关答案



了解更多日语语法的变形有哪些类似问题


日语语法哪里学
日语语法app推荐
日语语法怎么记容易
练日语语法的书籍
学日语法硕
日语文语语法2
如何学好日语的语法

日语教学网原创文章,如若转载,请注明出处:https://www.wariyu.com/yufa/11215.html